<

 

滄州市対日招商センター

 

投資環境 投資平臺 重點產業 聯系方式

 

投資プラットフォーム

    目下、滄州市には18箇所の省レベル以上の開発區(一箇所の國家レベルの開発區を含む)があり、計畫総面積が647.45km²、完成済みの面積が173.8km²で、プロジェクト參入の條件が全部クリアされた。自動車と部品の製造、グリーンケミカル、バイカルメディカル、テーマツーリズム、ファッションとアパレル、現代物流などの「六大新原動力」の上、レーザーとスマート製造、先端の再製造、電子情報と応用、宇宙航空技術、クリーンエネルギーなどの「五大新エンジン」も加わり、「5 + 6」の現代産業システムが完備され、同時に各産業の投資と発展のために、高品質のプラットフォームを構築した。

 

臨港経済技術開発區

    國家レベルの開発區---臨港経済技術開発區は、「國家級の循環式改造モデルス基地」「國家新型工業化産業モデル基地」『中國石油化工「京津冀」産業移転モデル基地』で、「京津冀」(北京・天津・河北。┑赜颏摔い、唯一「中國化工団地のトップ20」にランクインし、北京生物醫學産業の移転基地でもある。

    開発區の管理面積が360km²、うち第一期の計畫區域が66km²である。その中で、西區の計畫面積は26km²、主にバイオメディカル、大健康、薬品包裝材料産業を発展する;東區の計畫面積は40km²で、主に大規模な石油化學、石炭化學、塩化學、合成材料などの産業を開発する。

    現在、開発區において、石油精製、PVC、TDI、合成アンモニア、尿素、水酸化ナトリウムなどの主要商品をメインとした石油化學産業チェーンの枠組みを形成し、バイオメディカル、高級染料、農薬中間體、エッセンスと香料、コーティングなど、100近くの商品を生産する能力を有している。區內の企業とプロジェクトから見ると、80%以上が相互に市場と原料を提供し、資源の合理的な配置を実現させ、石油化學工業、石炭化學工業、塩化學工業、水素、塩素などの多くの典型的な循環経済産業チェーンが実現できた。経済的に高い相関性を持ち、ウィンウィンの経済利益を持つ典型的な企業が現れ、循環経済システムの枠組みがほぼ完成したた。中國化工集団有限公司(ChemChina)、香港華潤グループ、冀中エネルギーグループ、山西陽煤正元グループ、米國AP會社、フランスヴェオリアグループなど、世界トップ500、中國トップ500の有名企業が誘致され、事業を展開している。

 

滄州経済開発區

    省レベルの開発區- 滄州経済開発區は滄州市の南東部に位置し、計畫面積が40km²で、中央都市の重要な一部として、実力を擁する河北省の重點発展開発區に躍進し、「河北省A級開発區」「河北省新型工業化産業モデル基地」「河北省イノベーション・特色あるモデルスポット」だと高く評価され、科技部に「國家級起業センター」に認定され、「京津地域産業移転重點プラットフォーム建設を強化する意見」で指定された20の現代製造事業のプラットフォームである。 現在、開発區には自動車製造、バイオメディカル、パイプラインの設備製造、現在サービス産業を代表とした一流産業が形成され、飛躍的で新たな発展段階に踏み入った。

    2014年に北京ヒュンダイが滄州経済開発區に進出し、2016年に正式に大量生産し、年間計畫生産量が30萬臺、エンジンが20萬臺である。これにより、MOBIS、DYMOS、北汽韓一、北京海納川、中都GLOVIS、延鋒など、30社以上のコア・サポートメーカーが會社を設立し、滄州の自動車産業増加値が39.9%増加した。 開発區のヒュンダイ自動車産業基地は既に「京津冀」共同発展の畫期的な共同オープンプラットフォームになった。

   日中韓産業団地の建設:「一核四駆」の計畫に沿って、ハイエンド製造業を中核とし、ビジネスサービス・物流と倉庫業・文化教育・健康醫療産業を原動力とし、日韓企業と深い協力関係を構築し、ハイエンド製造業・新エネルギー・IT・AI(人工知能)・現在サービス・エコの一體化を図る総合的団地を共同で建設する。

    6つのセンターの建設:それぞれ滄州工業デザインセンター、航空実績展示センター、インテリジェント・コネクテッドカー試験センター、國家級自動車・部品試験センター、自動車新技術研究センターと司法科學技術評価センターである。

    6つの産業団地の強化:それぞれ航空宇宙科學技術産業団地、パイプライン技術産業団地、現代商業・貿易物流産業団地、自動車部品産業団地、起業・イノベーション産業団地、新型材料産業団地である。

 

滄州ハイテク區

    省レベルの開発區-滄州ハイテク産業開発區は滄州市中心部の西側に位置し、計畫面積が48km²で、「滄州新城」の中心部に位置し、優れた立地條件と便利な交通に恵まれている。京滬高速鉄道、京滬高速道路は區內に出入り口を設置した。

       ハイエンド設備、情報技術、省エネと環境保護、新素材、現代サービス産業「4 +1」産業計畫の実施に焦點を當てる。 ハイエンド設備の「雙創」プラットフォームのもとに、ハイエンド設備製造工業団地を計畫・建設する。ファーウェイクラウンドコンピューティングビッグデータセンター、河北科光ナノテクノロジー會社、中科院滄州ナノ研究所の支援により、情報技術産業団地が計畫・建設できた。 中関村科技園豊臺園滄州協同モデル基地、國際ロボット産業公園、北京航空宇宙大學科學公園、ファーウェイクラウンドコンピューティングビッグデータセンター、河北工業大學科技園、國家級中小企業ベンチャーイノベーション実証基地、京津現代サービス業界の移転拠點など、10を超えるイノベーションと起業のプラットフォームを築き上げた。 産業や人材などのポリシーを策定し、産業支援基金とガイダンス基金をも設立した。

   滄州ハイテク區は、「生活・ビジネスに適した現代科技生態園」を目指し、滄州「総創総服」のけん引スペースを建設し、原動力の転換とイノベーション発展のエンジンを作り、京津の発展にマッチングし、雄安建設の専門プラットフォームと高品質発展のモデル基地として、支援を與える。

 

任丘経済開発區

    省レベルの開発區--- 2016年の河北省政府の承認により、2つの省レベルの開発區が合併した,F在、計畫総面積が35.33km²、建設済みの面積が15.78km²、3つの専門公園を管轄している。新素材、新エネルギー、エコと省エネ、設備製造、電子情報、石油化學工業などの6つの産業の発展に力を入れている。

    任丘経済開発區は「一區三園」の産業レイアウトを押し出した。 「一區」とは、北京南部 G45科學技術成果転換スポットとモデルチェンジのスポットを構築すること!溉龍@」とは、石油精製と化學設備製造に焦點を當て、アルミニウム材とオートバイチェーンを主とした従來産業から新型工業化産業モデル基地へと変身し、機械製造とハイテク企業をメインとしたハイテク産業団地の建設である。

    傘下の華北石化支社は任丘経済開発區の石油化學工業をけん引し、華北地域の大手石油化學企業の1つであり、すべての石油製品は北京に販売される。 燃料型の石油加工企業として、同社は主にさまざまなグレードのガソリン、ディーゼル、ポリプロピレン、液化石油ガス、溶剤油、燃料油、ナフサ、200#溶剤油などを生産し、全ての生産國の國家V標準ガソリン・ディーゼル製品の要求を満たした。同社は100億元を投資し、製油所の品質向上と安全・環境保護技術改造プロジェクトを実施している。プロジェクト終了後、年間の原油処理能力は500萬トンから1000萬トンに増加し、よい経済・社會利益が得られる。

 

河間経済開発區

   省レベルの開発區---河間経済発展區は東區と西區に分かれている。西區の計畫面積が17.92km²で、省レベルの循環経済モデル基地と滄州のトップ10の科學技術モデル基地である。主導産業は電線とケーブル、情報設備、機械製造、設備製造や再製造だとされた。 現在、99社の企業が進出し、比較的完備した産業システムクラスターが形成できた。 2017年、國家発展改革委員會は、河間経済開発區西區を國家再製造産業モデル基地として設立し、承認した。 東部地區の計畫面積は11.7km²で、新素材、ファインケミカル、機械製造を主とし、ハイテク産業と高付加価値の先進製造業を導入し、現在、當地域には98の企業がある。

   近年、地域內の企業のランク付けが高くなり、革新と開発の成果が顕著である。河北省明尚德ガラス科技有限公司、寶沢龍金屬材料有限公司は「新OTCマーケット」にも上場した;明尚德社、華興新鋭グループは清華大學美術院・滄州工程學院と連攜し、「産學研基地」を設立した;明尚德社に作られた「ガラスのタウン」は工蕓ガラス産業をリードするようになった。迎輝電気公司、、江輪機電會社は再製造のパイオニア実踐企業となり、エネルギー設備製造と再製造基地の建設を重視する;京津冀國家再製造産業技術研究所も正式に発足し、30億元の投資で京津冀再生工業団地の導入に成功した。15億元の投資額を誇る「フスト新素材」、12億元を投資した北京電力設備本社が高電圧送電プロジェクトを実施した;再製造基地、神美會社は徐濱士と武強院士のワークステーションを導入し、公園の産業力をさらに拡大させた。

    河間経済発展區を雄安新區と連結する最先端の基地に築き、新興産業の集積地、イノベーション主導の原點、経済成長の柱として建設していく見込みである。新エネルギー車と自動車部品を重點としたハイエンド設備の製造、鉄道運行、新素材と新エネルギー、バイオメディカル、インターネットなどの産業を重點的に発展させていく。

 

泊頭経済開発區

   省レベルの開発區---泊頭経済開発區の合計計畫面積は19.46km²で、うち東部が16.1km²、西部が3.36km²で、全部で416社の會社があり、指定規模以上の企業が78社、商業流通企業が12社である。 「CNC工作機械工業団地」、「自動車金具工業団地」、「環境保護設備工業団地」、「自動車部品工業団地」などが設置され、鋳造、自動車の金型、自動車部品、環境保護設備、CNC工作機械、プロファイリング機械、ポンプバルブ、軍事と民間の統合産業を重點的に取り入れている。

    泊頭経済開発區は「中國の鋳造製品輸出共同基地」、「中國自動車金型プレス部品生産基地」、「中國大気汚染防止裝置製造業基地」、「河北省船舶ポンプ開発・生産基地と船舶鋳造・鍛造の生産拠點」だとされた。

    亜奇鋳業、益昇機械、宏昌機械は中國鋳造協會にそれぞれ「中國グリーン鋳造モデル企業」、「中國グリーン鋳造企業」、「鋳造産業モデル」と表彰された。 金都金屬、青峰機械、興達車身を含む28社が河北鋳造協會に「河北省グリーンモデル企業」の稱號を與えられ、精航宇バルブ、利盛鋳業などの10社が「河北省トップ60鋳造企業」だと認定され、興達、興林、京泊、金鍵、隆泰などの5つの國內トップ企業が進出した。揚子江北部地域において、泊頭は容積式ポンプの集中生産センターであり、「衡源」、「紅葉」、「浩洋」、「泊泵」などの4つの省レベルの有名な商標を育成してきた。

 

黃驊経済開発區

    省レベルの開発區---黃驊経済開発區の計畫面積は32km²で、現在には自動車設備、ファインケミカル、ハードウェア製造、現代物流、現代農業、貿易循環、新エネルギー、科學技術のインキュベーション、醫療健康、海洋経済などの十大産業が備えている。北汽グループ(華北)のマイクロカー産業基地、北汽グループ黃驊支社、韓國自動車工業団地が相次ぎと建設され、100近くの北汽マイクロカーと北京ヒュンダイ関連企業の発展を支援した,F在は北汽グループの新エネルギー自動車産業基地、北汽グループ自動車試験場、龍創新エネルギー自動車工業団地などのプロジェクト建設を加速させ、完成車の研究開発と製造、新エネルギー車の製造、すべての部品と生産、自動車の試験とテスト、パワーバッテリーの利用、特殊車両改造の完備した自動車産業チェーンの建設スピードを上げている。

    2011年に導入された北汽グループの華北(黃驊)自動車産業基地プロジェクトの総投資額は100億元で、京津冀の協調開発を推進する河北省の成功例だといえる。 このプロジェクトは3552ムーの面積を持ち、年間生産量が40萬臺、年間売上高が400億元に達した。 北汽國際黃驊輸出基地、海納川部品生産基地、中都物流基地などの多くの自動車産業プロジェクトが次々と定著した。黃驊開発區は北汽グループを基礎とし、自動車製造・特殊車両製造・自動車部品製造・自動車物流・自動車輸出・自動車貿易・自動車サービス・自動車観光・自動車文化を結合した自動車産業システムの構築を重點だと考え、自動車産業計畫を策定している。

    市內には60以上の化學企業がある。鑫海、信諾立興などの企業が「中國化學企業トップ500」にランクインし、石油精製とクラッキング、重質アスファルト生産、コールタール精製の分野でリードしている。 1000以上のハードウェア製品と金型製造企業があり、5つのシリーズと400種類以上の精密金型・電気設備・ガーデン製品・パイプ継手・吊り上げ裝置がそろっている。 中國金型協會と中國ハードウェア製品協會から「中國北方金型基地」「中國ハードウェア産業基地」と表彰された。

 

粛寧経済開発區

    省レベルの開発區---粛寧経済開発區の計畫面積が16.3km²、毛皮衣料品、鉄道経済、紡績と織物、電気設備、図書印刷、釣り竿、民族楽器、施設と野菜など、8つの特徴的な産業がある 。 蘇寧第一の特色産業として、毛皮衣料品産業には希少な毛皮動物の繁殖、市場流通、生皮染色、衣料加工、研究開発とデザイン、國內外貿易を含む完全な産業チェーンを備えた。 2005年、中國國家軽工業協會と中國皮革協會は蘇寧を正式に「中國毛皮の首都」と名付けた。 蘇寧経済開発區は「全國農業工業化モデル」と「省內新型工業化産業モデル基地」と指定された。

    區內には保稅物流センター(B型)、全國毛皮製品品質検査センター、幼稚園、小學校、病院などのサービス関連施設がある。 保稅物流センターは周辺の輸出企業や物流會社に質の高いサービスを提供している。 粛寧物流産業集中地は、「中國ト   ップ10の物流イノベーションパーク」および「全國優秀物流パーク」で、蘇寧物流産業の集中と発展のために、よい基盤を築きあげた。

 

獻県経済開発區

   省レベルの開発區--- 獻県経済開発區は17.2km²の計畫面積と5.96km²の建築面積を持つ。 開発區は常に「中國ファスナー鋳造の故郷」「河北省設備製造名県」「中國ビール産業基地」を土臺とし、ビール・飲料水産業・設備製造業・新エネルギー産業・現代サービス産業の建設に力を入れている。 現在、主要産業が一定の規模に達し、特にビール産業について、ガラス金具、ボトルの製造、生産、外裝、物流、流通、販売を主とした完備の産業チェーンが形成された。生産基準をクリアしたら、35萬トンの年間生産量、80萬トンのガラス液、40億の缶、50億元の年間生産額の目標を突破できる。

   世界トップ500、中國トップ500、アジアトップ10の最も潛在力のある大手企業を含み、開発區に進出した企業が103社で、総投資額が200億元に達した。 そのうち、54社が一定規模以上の企業、7社がハイテク企業、79社が中小企業、中國有名な商標が1つ、省の有名な商標が6つ、省のブランド製品が7つ、省の中小企業のブランド製品が9つ、國家特許が39つもある。

   近年、開発區は京津冀の協調開発に目をつけ、1000ムーの京津技術型企業の移転モデル基地を計畫・建設した。 同時に、既存のビールと飲料水、設備製造、新エネルギー、現代サービス産業をめぐり、的確に投資を実施し、「人材、技術、資金、倉庫業の勧誘と誘致」戦略を積極的に実施し、高級人材、先端技術、物流、金融、サービス業の有名企業の招致を重點と見做し、地域內のプロジェクト構造をさらに最適化・改善する。

 

呉橋経済開発區

   省レベルの開発區----呉橋経済開発區の計畫面積は43km²で、205社の企業が進出した。機械製造、自動車部品、ゴム、新型建材を主導とした産業構造の上、農業製品の深加工、ファインケミカル、ハイテク、貿易、物流などの伝統的な産業も加わり、アートボイラー、セメントケーブルパイプ、オフィス消耗品など、全國有名な産業基盤と國家産業標準が形成した。そのほかに、「蕓能」「ASC」「呉橋工具」「橋風」「及時雨」など、11の河北省有名商標を申請した。 呉橋銀晶助剤有限公司は、中國最初で唯一の水銀觸媒技術研究開発センターである。區內には完備した関連施設があり、全ての機能をそろえている!6縦6橫」、約40kmおよび80kmの上下水道プロジェクトの道路網を完成し、110 kV変電所   2基、35 kV変電所1基を建設し、1日あたり3萬トンと2萬トンの下水処理場をそれぞれ一箇所完成した。區內に完全した関連施設があり、全ての機能を備え、「九   通一平」の基準にも達した。開発區は県の経済的と社會的発展をリードする窓口にもなった。

 

東光経済開発區

   省レベルの開発區---東光経済開発區の計畫面積は25km²で、プラスチック包裝パーク、京南設備製造パーク、カートン包裝機械工業団地、ファインケミカルパークに分けられ、霞口堡北工業団地、于橋プラスチックパーク、大秦工業団地を管理し、「1區7園」のパターンを形成した。 現在、カートン機械、設備製造、プラスチック包裝、ファインケミカルの4つの主要産業パターンが定著した。カートン機械産業:県には1,200以上のカートン機械メーカーがあり、3つのシリーズ、80種類・數千サイズの商品があり、全國各地だけでなく、米國、ドイツ、「一帯一路」沿線の126の國と地域にも輸出をし、國內外ユーザーの信頼を受けた!府b業計畫」に従って、カートン包裝機械から、ハイエンド設備の製造を目指し、中國のハイエンド設備製造基地の構築に努め、業界の革新・統合・アップグレードを推進し、完備した機能を備えた國際産業地を建設する。

   プラスチック包裝業界:百瑞爾社など、600以上のプラスチック包裝企業があり、國際特許が1つ含む14つの特許を持っている。多くの國際技術が世界をリードし、國內唯一の高バリア食品、醫薬品包裝、リチウム電池膜などが大きな市場シェアを占め、全國20以上の省と市に商品を販売している。

   機械設備製造業:県には華煜鉄路器材有限公司の鉄道部品、滄州海岳鉱山機電設備有限公司の鉱山機械、宏濤智能裝備公司のレーザー溶接設備など、多くの高い潛在力と市場見通しのいいプロジェクトがある。

    ファインケミカル産業:主に尿素、DSD酸、二硫化炭素を初め、多くのファインケミカルがある。世界最大のDSD酸製造會社の彩客化學公司、河北省最大の肥料生産企業の東化公司、中國トップ500企業ランキングで、98位をランクした瑞興化工公司など、大手企業が次々と進出してきた。

 

南皮経済開発區

    省レベルの開発區---南皮経済開発區の計畫面積は22.7km²で、主要企業の拡大を受け継ぎ、ハイテク企業を導入した城東工業団地、設備の製造と自動車部品を主導とした烏馬営団地、ハードウェア処理と自動車金型が主要産業とした付荘工業貿易區など、「一區三園」の発展パターンを形成した。區內には349社の企業があり、そのうち、一定規模以上の企業が68社、県內企業総數の80%を占めている。 開発區はハードウェアと電気機械、紡績とアパレル、ガラス製品を3つの柱とし、セラミック、食品加工、畜産、軽化學品などの産業も保有している。製品は宇宙航空、鉄道輸送、自動車機械、デジタルエレクトロニクス、電気製品、通信設備、計裝部品、電子部品などをカバーした。

    開発區の中には、中央企業の中糧工程設備南皮有限公司、重點企業の河北益民五金製造有限公司、河北南皮鉄道器材有限責任公司、滄州恵邦機電製品製造有限公司、河北鑫珠陶磁器製造有限責任公司、南皮溫氏牧畜有限公司、南皮華遠服裝有限公司、滄州連勝食品有限公司、河北南風汽車設備集団有限公司などの8つの主要企業がある。

 

青県経済開発區

    省レベルの経済開発區----青県経済開発區の計畫面積は29.27km²で、建築面積は14.8km²である!府b業新都市・生態公園」のコンセプトのもと、道路、水、電気、通信の「九通一平」を実現するため、8億元以上の資金を投入し、インフラ建設を始めた。 その他、馬場鎮電子ケース工業パーク、流河鎮紅木家具文化産業パーク、金牛鎮華瑞人工知能産業パークなどは県経済開発區に管理されている。

   工業分野において、「産業を強化し、品質を向上させる」との考え方に沿って、ハイエンド設備製造、人工知能、スマート設備、ハイエンド食品、石油パイプライン設備製造、自動車部品、新素材、新興産業、現代サービス産業を主導産業だと決める!钢茳\鴨」「小洋人」「妙戀」「隆盛元」「大司馬」「思望望」など、6つの有名な中國の商標がある。もう一方で 伝統産業は著実に成長し、電子ケース産業の生産高は100億元を超え、重點的に発展する18の特色産業だと取り上げられた。 新興産業は急速に発展し、精密設備や新エネルギー電気自動車産業の規模は著実に成長し、県の経済発展を支える新原動力となった。

    農業分野では、野菜の栽培面積が45萬ムーに達し、「中國野菜の郷」、「野菜産業の國家重點県」、「國家農業標準化のモデル基地」と評価された。 野菜ブランドの「大司馬」が「中國の有名なブランド」に認定され、「青県羊角脆」は國家地理表示の保護製品と指定された。 サービス産業では、レジャー農業と観光農業が盛んに開発され、広旺農場は「AA級の全國レジャー農業観光景勝地」、司馬荘園は「AAAA級の農業狩り観光園」と評価された。

 

滄東経済開発區

    省レベルの開発區----滄東経済開発區は都市部から東方向に向け、15km離れた所に位置し、計畫面積は75km²である。 現在、新エネルギー、石油掘削と設備製造、化學新素材とターミナル加工、電子と通信製品製造を主導とし、生産サービス産業、教育R&Dサービス産業を補助産業システムとしている。

    536億元を投資した明珠服飾文化特色タウンは建設を開始し、一定の規模を備え、4,000のアパレル企業と調印し、衣料品のデザインと研究開発、生産と加工、原材料と補助材料の供給、倉庫と物流、卸売と小売、EC、観光と買い物、 文化とレジャーを備えた複合産業タウンのことである。

    近い將來、省エネ、環境保護、低炭素産業、機械裝置製造、自動車部品産業、通信電子情報、化學ターミナル製品、新エネルギー、新素材の研究開発、労働集約型の軽工業を統合する現代的な統合産業區になると見込まれた。

 

孟村経済開発區

    省レベルの開発區-孟村経済開発區の計畫面積は20.01km²で、主にパイプライン設備製造業を柱とし、自動車部品製造、機械製造、家具製造、現代物流を補完した。 公園のインフラ設備が完備していて、パイプライン設備製造業の水準と競爭力は、國內でトップレベルだ。製品の市場シェアが60%、年間鉄鋼スループットは約1000萬トンで、主要業務収入が100億元を超え、國內最大のパイプライン設備の製造拠點は、「中國のパイプライン設備の都」として知られ、河北省第一回地方産業クラスター、河北省循環経済モデル基地、河北AAAA級経済開発區と評価された。

      開発區さまざまな素材、數千サイズのパイプ設備商品を生産することができ、パイプライン設備製品開発、生産、マーケティング、物流、取り付けとアフターセールスなど、完備した産業チェーンを形成した。 近年、PE、PPR、鉄骨複合材などのさまざまな新しい材料製品が開発され、産業のアップグレードとアップグレードのペースが加速し、河北省の民間企業である河北華陽鋼管有限公司を育成し、全國的に有名な商標の稱號を獲得した河北海浩高圧フランジ管集団有限公司、斷熱パイプの河北圣天管件グループ、保溫パイプの大手―江豊パイプグループなど、數多くの強力で有望なパイプライン設備製造企業があり、公園の経済発展に強力な活力を注入した。

 

塩山経済開発區

   省レベルの開発區--- 塩山経済開発區の計畫面積が34km²で、建築面積が14km²で、河北滄海重工株式有限公司、河北宏潤重工株式有限公司、河北匯中配管裝備有限公司を始め、320社の企業が進出した。

   開発區には工作機械付屬団地、陶磁器工業団地、スポーツ用品工業団地、新エネルギー科學技術団地があり、「區中園」の建設には獨自の特徴があり、企業の集中度がますます高まり、京津と発達地域産業移転・プロジェクト投資を受け継ぐ土地になった。

     開発區の主要産業はパイプライン設備製造業であり、21のカテゴリ、2400種類以上のパイプ継手製品を提供している。 パイプライン設備製造業界でけん引の役割を果たす重要プロジェクトと、産業チェーンに強力で補完的、長期的な効果のある先端関連プロジェクトを導入し、産業のモデルチェンジとアップグレードに努める。

    開発區にはスポーツ用品、工作機械付屬品、運搬機械、ステンレス鋼爐の売買処理、靴下加工など、5つの伝統的な産業がある。 「河北省軍民結合産業基地」と「河北省軍民結合モデル基地」の利點を最大限に活用し、軍と民間を結合した産業や企業を積極的に導入し、主要企業と軍事工業中央企業、軍事部署の戦略的協力を促進し、國家レベルの軍民統合の雙方向技術成果転換基地を建設していく。

 

海興経済開発區

   省レベルの開発區---海星経済開発區の計畫面積は21km²で、港灣運輸と豊富な資源の利點を利用し、スポーツ設備産業、設備製造産業、新素材産業の開発に重點を置いた。ハードウェアツール、包裝材料、パイプライン製造、園蕓製品などの金屬製造業が著実に発展しつつある。 家畜、家禽の無害化処理の設備セットは國內外でよく売られている。

    塩田の面積が90萬ムー、原塩の生産量が50萬トンで、國內四大海塩生産地域の1つで、「長葦塩」の主要産地として、第9位をランクした。 塩の深加工と塩化學企業が7社である。 水産養殖、水産漁業の発展が早く、300種類以上の魚介類商品があり、車エビ、カニ、アキアミ、バラクーダ、クラゲが「五大名鮮」として知られている。

    河北海興原子力発電プロジェクトは、2014年4月に國家エネルギー管理局に許可され、國家原子力中長期開発計畫に収め、総投資額が1200億元、設備容量が750萬キロワットで、段階的建設・科學的宣伝・市民參加・土地取得と取り壊し・塀・非常道路・給水パイプラインなど、予備作業をまとめて計畫した。

    海興京津産業移転モデル基地の総投資額が1000億元、開始面積が1700ムーで、オフィスビルと標準化工場の建設を計畫している。 2017年以來、宇宙航空部品、舞臺裝置、電気機械裝置、電子設備、機械加工、新素材など、66のプロジェクトを実施し、 京津冀産業の移転を受け継ぐ河北省、さらに中國東部沿海の重要なプラットフォームになった。

 

中國―チェコハイテク産業開発區

    滄州中國―チェコハイテク産業開発區の計畫面積は36.75km²で、京津大都市圏と渤海経済帯の中心部に位置し、河北中歐産業団地と「區園同創、協同発展」し、ゼネラル航空・ハイエンド設備製造・大學科技パークなど、多次元な産業システムを形成した。

    通航産業団地の計畫面積は17.5km²で、空港を中核として、旅客機の改造とメンテナンス、航空物流、航空機エンジンのR&Dと製造など、十大航空産業に支えられ、全國通用の航空産業の総合モデル基地を構築する,F在、1,200メートルの滑走路が建設され、3600メートルの新たな滑走路と空港施設が建設中である。

    大學科技パークは科學技術にリードされ、國家、省、部レベルの重點実験室、工學技術研究センター、産學研究開発プラットフォームを依託し、成果の転換を促進し、資源の共有を実現し、明るい発展の前景があるスマートな科學技術革新団地、地域人材の高地、中央ヨーロッパと東ヨーロッパの技術移転と協力の交流の窓口を作る。

    ハイエンド設備製造パークは、ハイエンド設備製造、インテリジェント設備、エネルギー技術設備の開発が主導し、ハイテクコンテンツと強力な産業を備えています。京津冀設備製造業グループに依存して、地域のハイエンド製造ハイランドを作り出している。

 

華北(滄州)ハイエンドスマート設備産業パーク

   運河區の北西部に位置し、計畫面積が11.66km²で、「滄州ハイテク産業開発區區中園」で、 中國レーザー加工特別委員會に「北部オプティカルバレー」と名付けられ、近年業界で有名な「滄州レーザー工業団地」だとされた。

   現在、園內には30件の産業移転と成果インキュベーションプロジェクトがあり、レーザー設備工業団地、板金製造工業団地、ロボット工業団地、軍民統合工業団地、先端設備技術研究所を中核とするサブパークが出現した。 「一核十園」の枠組みがより明確になり、レーザー産業を原點とし、産業チェーンが拡大を続け、高速CNC技術、ハイエンドサーボシステム、ハイエンド機械裝置、CNCレーザー加工裝置が絶えず集まっている。

    區內の企業はハイエンドスマート設備産業は必要なコアテクノロジーの完全獨立知的財産権を持ち、例として、産業用ロボット、レーザー切斷機、3Dレーザー切斷機、歐州標準CE認定レーザー機、高速CNCシステム、デジタルシートメタルフレキシブル生産ライン、偏光軸高速フローCO2レーザー、サーボモーター、RV減速機、高調波減速機、目視検査技術などの23の新技術と新製品があり、國內の一流レベルに達した。 特に完備した産業用ロボットのための3大コアテクノロジー(CNCシステム、RV減速機、サーボモーター)を備え、全國65のロボット産業パークの中で、完備且つ獨立した知的財産権を持つ唯一の産業パークである。

 

滄東物流産業クラスター

   滄東物流産業クラスターは省レベルの物流団地であり、滄州市新華區に位置し、26km²の計畫面積を持つ。2018年、営業収入が189億6000萬元を超え、一定規模以上の産業企業を7社持つ。 現在、総投資額30億元の滄州伝化高速道路プロジェクトの第1期が正式に開始し、第2期が年內に建設を開始する予定で、物流業界の飛躍的な発展を遂げると期待された。

   區內は3つの機能スペースに分けられている。 北部の現代物流機能スペースは12km²の面積を占め、物流リソースの統合、情報処理、輸送トランザクション、マルチモーダル輸送、集中保存、配送と加工、補助サービスなどの機能を備えた大規模な統合物流機能エリアを構築する予定である。 中央の商業および住宅サービス機能スペースは、9km²の面積で、大規模な専門市場グループ、貿易流通、ケータリングとエンターテイメント、レジャー観光、生態系居住、文化教育などの機能を備えた高水準の商業・住宅スペースが開発された。 南部の現代的な農業機能スペースの面積は5km²、農業および副産物の販売、コールドチェーン物流、倉庫と配送などの機能を備えた農業文化観光地や現代的な農業機能地域の建設を計畫している。

    団地は京津産業と滄州港、自動車、醫薬品などの主要生産配置をめぐり、金融保険、現代物流、ECなどの現代サービス産業を積極的に開拓し、物流経済と本社経済を発展させ、「インターネット+」を積極的に導入・構築し、スマート物流など、現代産業の特徴のある大規模な商業物流プロジェクトを大いに導入・建設する。

 
 

免费av网站,国产精品国产三级在线专区,亚洲av女人18毛片水真多,人妻少妇精品无码专区